ESET 体験版 電子メール

電子メールを扱う際の注意点

人と交流するためのツールとして重要性が高まっている電子メールですが、セキュリティ対策が実践されていなければ、コンピュータウイルスへの感染の危険性は否定できません。
ここでは、電子メールを取り扱う際の注意点を考えてみましょう。

まずはもっとも重要な事として、疑わしいメールは開封しないという事を常に心がけて下さい。
送り主が不明なメール、ファイルが添付されているようなメールには特に取り扱いに注意を払う必要があります。
こういったメールは、削除するのが賢明でしょう。

どうしても開封しなければならない場合は、プロパティでソースコードを確認し不審な点がないかを調べてみましょう。
また知人からのメールだから安心だという訳でもありません。
知人から送信されたメールにコンピュータウイルスが隠れている可能性もゼロではないからです。

どんなメールでも取り扱いに充分な注意をする事が、セキュリティ対策を講じる上で最も大切な事だと言えるのではないでしょうか。
自分から電子メールを送る際には、出来れば本文のみで終わらせるようにすると良いでしょう。

ファイル添付が必要な場合は事前にセキュリティ対策ソフトにてコンピュータウイルスを確認し、送信する事が必要です。
拡張子にて何のファイルなのかを知ることは「大体は」出来ますが、危険のないファイルになり済ましている可能性も考えられます。
必ずプロパティでファイル形式をチェックし、要/不要を見極める事が肝心です。


ESETの体験版関連情報