セキュリティ対策ソフト 対象範囲

セキュリティ対策ソフトの対象範囲

一口にセキュリティ対策ソフトといっても、その対象範囲は種類によって様々です。OS標準のファイアウォールとは違う、市販のファイアウォールを搭載しているソフトもあれば、コンピュータウイルスに対してセキュリティを行なうソフトもあります。
スパイウェアを対象としたソフトもあるのです。更には、個人情報を保護する機能、迷惑メール対策機能、有害なサイトへの対策機能、Webサイトの評価をしてくれる機能など、多種多様な機能がそれぞれ搭載されているのです。
また、1つ導入しただけで複数のセキュリティ対策を行なう事ができるソフトも存在します。いわゆる「オールインワン型」と呼ばれるもので、詳しい事はあまり分からないといった方にはお勧めです。それぞれの機能について設定の有効・無効が比較的簡単に行なえるので、とっつきやすいソフトと言えるでしょう。
他の選び方としては、自分はどんな風にコンピュータを扱いたいのかをよく考えてソフトを選ぶのもお勧めの方法です。オンラインショッピングを楽しむ事が多い方は、個人情報保護機能が付いているものを選択すると良いでしょう。
電子メールを頻繁に使うという方は迷惑メール対策機能が必要不可欠ですし、インターネットを利用する可能性がある子供がいる家庭では、有害サイト対策機能が重要です。Webサイトの閲覧回数が多い方はWebサイト評価機能が欠かせないでしょう。
このように、目的に応じたソフトを導入する事も非常に有効です。その際には不慮の事態が起こる事も考えて、バックアップ機能が付いているものを必須条件とするのも悪くないかもしれません。


ESETの体験版関連情報